次男が一つ、大人になったかもしれない日

週末に娘の親友が泊まりに来ました。
二人は、普段はとても仲がよいのですが、なんでも、言い合える関係ということで、時々、つまらないことで衝突することがあります。

その日も、夜に、何か揉め事が勃発しているようでした。
娘の弟である、次男が、心配して、私に、揉め事のことを伝えにきて、自分が、わけを聞いてくるなどと、言い出しました。
息子は学校でも、揉め事仲介人のようなことをやって、先生に頼りにされているので、その時も、そういう血が騒いだのでしょう。

でも、私は、きっぱり、息子にいいました。
「女の揉め事に入ってはいけない。

知らん顔しているのが一番だと。」
次男は、そういうものなのかという顔をしていましたが、私に言われたとおり、二人の間に入らなかったようです。
次男の今後の人生勉強になったかな?とほくそ笑む母でした。

Categories: nocategory