ピアノは、楽しくのんびりと習うのが楽しい

今日は、ピアノのレッスンに行って来ました。
ピアノは元々、長男が習っていたのですが、長男が通っていたピアノ教室は、大人の生徒もたくさんおり、発表会で、たくさんの人がピアノ演奏をを披露していました。

ピアノの発表会を見て、私も、習ってみようかなあという気持ちになり、先生にレッスンを申し込みました。
ピアノは、小学生の時に、バイエルの次の、ブルグミュラーという教本の途中で終わってしまったぐらいの腕前の私です。
しかも、30年近くも鍵盤を叩いていなかったので、どうなることやらと思いましたが、小さい時に、習ったものというのは、意外に忘れないものですね。

昔の記憶が次々と蘇り、子供の時に習ったものは未だに弾けることがわかりました。
子供の時の、厳しいレッスンとは違い、今の、ピアノの先生はとても優しい人なので、ゆっくりと、楽しい曲だけ選んで、これからも弾き続けようと思います。

Categories: nocategory